石原さとみ入魂の始球式!難易度高しのサプライズ投法とは?

石原さとみが今年も見せた!!4年連続で始球式を行った石原さとみだが、今年は難易度の高い「サブマリン投法」を披露。大観衆をおおいに沸かせた始球式となった。

cr?IG=53D76C61D0F14C48B5C4D001C943CCC4&CID=3A32517BEB24633232E15BACEAE46268&rd=1&h=hB-7GMot_Leq8i-8VJBI5tmysUTZ2B7tBM9J14da0ak&v=1&r=http%3a%2f%2fwww.hochi.co.jp%2fphoto%2f20170807%2f20170807-OHT1I50099-T.jpg&p=DevEx,5008 石原さとみ入魂の始球式!難易度高しのサプライズ投法とは?

 

以前に披露した「マサカリ投法」そして「トルネード投法」はこれだ!

undefinedの画像

 まとめ

石原さとみが、東京ドームで行われた「サントリードリームマッチ2017」で、4年連続で始球式を行った。2014年はサウスポー、15年はマサカリ投法、16年はトルネード投法と、毎年サプライズ投法をみせる石原さとみだが、今回はサブマリン投法を披露した。かなり難度の高い投球フォームに、大観衆も拍手が鳴り止まなかったほど。「オファーをいただいてから猛練習しました」と言う石原さとみ。何事にも魂を込めて行う姿に感動するファンは多かったであろう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です