【緊急】日本に上陸した猛毒アリ!違いは?その対策は?

神戸港では殺人毒ありといわれる「ヒアリ」そして今度は大阪でも猛毒「アカカミアリ」が発見された。国は対策に追われているが、最悪の事態は回避できたのだろうか・・。

南米原産の殺人毒アリ「ヒアリ」が神戸港で発見

undefinedの画像
undefinedの画像

 アメリカ大陸原産の毒アリ「アカカミアリ」が大阪市の南港でも発見

ヒアリとアカカミアリの違いは??

まとめ

南米原産の殺人毒アリ「ヒアリ」が神戸港から拡散して1カ月ほどして、今度は大阪市でアメリカ大陸原産の毒アリである「アカカミアリ」が発見された。今回の外来アリ2種の侵入に対しては初動対応が功を奏して、ヤード外に分布拡大している可能性は低く、まずは最悪の事態は避けられていると判断された。国などは、拡大を食い止める対策に追われているが、今後夏にかけて、アウトドアを楽しむ人も増えるとあって、十分注意する必要があるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です